スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
大阪インカレ
昨日は大阪インカレ。
今シーズン最初の試合。

1500Mに出場した。
しかし、レース中に最近痛めた膝が痛み出し、人生初のDNF。

そう「Did not finish」だ。

すごく切ない気持になる。

陸上、というか1500Mという種目を9年やってきて一度たりとも途中であきらめたことがなかった。

途中棄権はやむを得ないと思ってスタートしたが、意外と走れると思い800Mすぎまでは走りきれると思っていた。しかし1000Mを過ぎたところで膝が痛みだし、1100Mで走るのをやめた。

いくらつらくても走り抜いてきたはずの1500M。
やめるのはとても容易かった。

自分がいなくなってもレースは続いている。それを自分は外から見る。一気に傍観者。

何なんだこの感じは・・・

スタートしたものを途中でやめるということは、ゴールもしていない、あくまで中間地点で止まっただけだ。

なんか投げ出してしまった感じだ。

確かに膝が痛くて走れなかったかもしれない。しかし、ものすごく虚しく切ない。

レースは一回走り出すと、ゴールするものだと思っていた。いや、当たり前すぎる事柄で考えたこともなかったのかもしれない。


陸上以外では確かなゴールがある事はすごく少ないかもしれない。だから1500Mでスタートするときに「ゴールありき」でスタートしたことがないのは割かし当たっているのかもしれない。ゴールを意識するよりもレース中に何がどうなるかのほうが大事で、いつの間にかゴールしてる。

だからこそ途中であきらめちゃいけない。途中であきらめたらその目標を目指している自分以外の人々をただ外からみる傍観者になる。そんな傍観者にはゴールもない。スタートしたけれどゴールしない。

なんか今思うと昨日の1500Mはそんなことを教えてくれたのかな・・・・・



場面はガラッと変わって、大会後の飲み。
はじめは3回生3人で飲んでいた。そのあとにもう一人来て、3回生が4人そろった!

四人だけで飲んだりするのは一回生の夏以来か・・・・

話はすごく盛り上がった。

「コンゴ」から「チュンリー」、「○○○○娘」まで。

あんな飲み会をもっとしていきたいな~

なんてそんな一日だった。

スポンサーサイト
陸上 | Comment : 0 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://yoshiokka.blog119.fc2.com/tb.php/35-e18fa533
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。