FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
家庭教師
今日は家庭教師初日。
中学生を教えた。
楽しかった。

中学生に勉強を教えていたら自分が勉強し始めたきっかけを思い出した。
自分が中1のときは全く勉強せずボロボロの成績だった。
でも、中2の時に友だちに馬鹿にされて、悔しくて勉強を始めた。

その時一番はじめにやり始めたのが「歴史」だった。
社会は点数を取りやすいからとかそんな情報を聞いたかは定かじゃないけど。

やってみると真っ先に点数が上がる歴史。

歴史は物語のようになっていてやってて楽しかった。
授業はほぼ寝ていたため、その分テスト前に自力で教科書を暗記しないといけなかった。

歴史で点数が上がって、ほかの科目でもと思いそこから勉強し始めた。


それ以来社会が好きになり、大学受験の時も勉強時間の大半は社会に費やした。
そのせいで英語なんかおろそかおろそか。
その頃になると点数がとれる取れないとかではなくて7科目の中で社会分野が一番好きになってた。

小学校のころなんか一番社会が嫌いでしょうがなかった。歴史なんか「昔のことをほじくり返して何の意味があんの」とか社会嫌いの子がよく言うようなセリフを言いながら。

でも今は社会の教師になりたい。

きっと中2の時代がなければ今の自分はない。
別にすごい社会教師に出会ったわけではなく、自分で見つけた教師という目標なのかな~なんて。
いい先生を見たのは、意識したのはきっと教師もいいかなとか思い始めた後からかなー

だから昨日の中教法の授業で「今まで印象に残った社会の授業は?」とか聞かれてもすぐに浮かばなかったのかなー

そんなことを思った。
スポンサーサイト
未分類 | Comment : 2 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

あやこ

2008/04/20 00:16 ・・・EDIT

  子どもは大人を映す鏡だ?って前にはやとさんとゆーたーが車の中でいってました。塾で3年教えてきた中で、子どもとたくさん話をして私は自分のことに改めて気づいたり夢を再確認したりよくします。子どもは私を映しだしたくさんのことを教えてくれました。
子どもっていろんなこと教えてくれます☆

家庭教師がんばって(*^_^*)
勉強を教えることより将来の夢などの対話が私は大事だと思い
ます。私の個人的な教育観ですが・・・

yoshioka

2008/04/22 02:08 ・・・EDIT

  もちろん対話も大切ですよね。
どちらかというと僕もそう思います。学校の教師に求められるのは勉強以外の面も大きいのではないかとか、そう思います。だから、ギチギチに勉強させるよりも自分について考える機会を提供したり、その子と一緒に将来を考えたりするほうがすごく大切だと思います。

しかし、家庭教師を雇うからにはそれなりの成績アップを目指しているわけで。
逆に言うと成績を上げることで、目標も高くなり、その目標も実現に近づくのではないかともおもいます。成績が低いままではなぜ親がいい学校に入ってほしいのかとか、スポーツに偏るといけないのかを理解すること事態が遅れ、良質な目標を立てることは難しくなるのでは・・・
成績と夢。どちらが先に来るかは難しいですが、どっちが先だとしても夢いや、目標、希望は大切にしてもらいたいですねー


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://yoshiokka.blog119.fc2.com/tb.php/36-3ea6d707
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。