スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
ワールドカップ
お気づきの方も多いかと思いますが、タイトルを変更しました。



monthlyになりました。



これまでの不定期更新から月1回の更新に変更し、

せめて月1回は更新しようとい考えています。






と、いうわけで今回はその一回目です。




じつは、今年一回目の更新でもあるんですが・・・

見てくれてる人もかなり少ないと思いますので、ひっそりと更新したいと思います。。。








さて、第一回のタイトルは「ワールドカップ」です。




ワールドカップ・・・




こんなタイトルにしといて、

僕はサッカーに対して、特段思い入れが強いわけではありません。



でも、日本代表なら応援したいと思うのです。


OLみたいな感覚なんでしょうか。


「普段見ないけど、なんかイベントだから観る~」

みたいな。



ワールドカップに限らず、

WBCやオリンピックなども、同じような感覚で、

その時だけ熱くなって応援します。



そう、にわかファンなのです。






さてさて、こういうわけで、にわかファンが、とってつけたようにワールドカップについて書いても仕方ないですから、

ちょっと違った視点でワールドカップについて書きたいと思います。




これまで、ワールドカップは僕にとって、「4年後の自分」を想像するいいきっかけになってきました。



ワールドカップが来るたびに、「4年後」という近い将来、自分はどこにいるのかを想像してきました。



オリンピックでも4年じゃないかと思うかもしれませんが、

ワールドカップの年は、僕の将来を考えるのに、いつもいいタイミングだったんです。




はじめてこう考えたのは、2002年、日韓共催のとき。

当時僕は中学3年でした。

中学3年の僕は、ワールドカップに夢中になりました。


そして、日本の試合が終わっていくのと同時に、
「あ~次は4年後かぁ~」
と思ったんです。

そしてさらに、

「いやいや、4年後って、高校卒業してるし・・・」

と思いました。



受験勉強を始めたばかりの僕には衝撃的でした・・・


「4年も経つと大学生か」
「いやいや大学なんていかないかもしれない」
「大体、どこの高校に行くかすらはっきりしてないのに・・・」


4年先はこんなに遠いのか―



想像してもしきれない。

それだけ、当時の僕には選択肢がたくさんあって、

未来が広がっていたのでしょう。


だからこそ、4年後を想像するのが楽しかった。

いくらでも、自由に、頭の中で自分を創造できるのですから。






そして、4年後。

2006年、ドイツ大会。

僕は奈良にいました。


中学3年の僕には、到底想像できない結果だったでしょう。


高校3年間でなにがあったんだよ。みたいな。


確かに、中学の時点で、北海道から出たいとは思っていましたが・・・

まさか奈良とは・・・


2006年、大学1回の僕はそんなことを考えてました。



そして、また、4年前のぼくは4年後を想像したわけです。


4年後とは・・・

社会人。


まじか―

すごいな。



教育大に入った僕ですから、当然教師になりたかった。



しかし、4年後に何があるかわからない。

教師になったとしても、どこで?

あるいは教師になっていないかも。


そして、教育実習や卒論みたいな憂鬱なことも全て終わってる。


その先の自分はどんなだ―



4年前の僕はそう考えました。






そして現在。

北海道で教師をしてるわけです。



8年前、4年前の僕は想像しきれてはいなかったでしょう。

少なくても、今住んでいる場所までは予想できなかったはず・・・


ん~


さらに4年後・・・

どうなっているのか。


今の僕の選択肢はかなり少ない。

かなりの確率で、4年後も教師をしてるでしょう。。。


ただ一つ言えるのは、

4年後は次の学校へ転勤してる頃。


どこにいるのか。。。








こんなことを書いてみて、つくづく思います。

自分の将来はだんだんと絞られてきたんだな~と。




別に現状に後悔してるわけではないけど、

4年後を想像しようとするとき、

中学3年のころが一番楽しかった。



やっぱり、「それからの努力次第で自分はどうにでもなれた。」

というのが一番大きいのでしょう。



こうやって考えてみると、

「将来何なりたいの?」て急かしたり、「夢がないなんて、けしからん」と怒る、大人の思考は

少々理不尽に思えますね。




やっぱり、中学生には、自分についていろんな可能性を想像してほしいです。

選択肢の多さに気付いてほしいな。


総理大臣からニートまで。


上から下まで、隅々と。


上だけしか想像しないのも、選択肢の多さに気付いませんからね。





もちろん、小さい頃から目標を持ち、それを実現することは偉大なことですが。


もしそれが、「自分はこれになりたい」から「自分はこれにならなくては」と変わらないのであれば。



スポンサーサイト
未分類 | Comment : 9 | Trackback : 0
▲ pagetop

Comment

現 田原

2010/06/14 20:17 ・・・EDIT

  monthlyになってどれだけ時が過ぎたか…

更新待ってました!!
4年後?ロシアで教師だと思いますよ。

yoshioka

2010/06/14 21:00 ・・・EDIT

  ずっとチェックしてくれてたんですね★
これからは月1目指して頑張ります!!

ロシアにはいきません。

誤解してると困りますので、一応書きますが、
現住所もロシアではありません。


私の最初の陸上の教え子、お願いしましたよ★

king

2010/06/14 21:35 ・・・EDIT

  いつの間にか更新されてるw

4年後か、、、何歳になっても選択肢はまだまだあると思うわ^^;

yoshioka

2010/06/14 21:54 ・・・EDIT

  やっぱそうかな~

でも、中学生を見てると、
やっぱり
いいなぁと思うよ★

まぁ、それに気付いてる子なんていませんが・・・

先輩

2010/06/15 20:54 ・・・EDIT

   たくさん更新してください。お願いします。くしかつ食べにいきいましょう。

yoshioka

2010/06/16 00:10 ・・・EDIT

  くしかつ・・・

ということはアノ先輩ですか???


ぜひまた行きましょう!

なんかちょくちょく関西行けそうなんで。

実は今週行くんですが・・・・・・

5年目

2010/06/19 02:11 ・・・EDIT

  4年後は社会人…

当時の僕も考えました。
当時の僕もこうなることなんて予想できなかったでしょう。

後輩

2010/06/20 12:52 ・・・EDIT

  5年生も、もう自虐ネタへ走ってはりますねー
来年もがっとぅりどうど~

なるほどねー
4年単位で考えると、まだ僕には選択肢が考えられます。
この時期になって、そんな違う選択肢をいいなーなんて思っているのが正直なところです。

2010/07/31 13:03 ・・・EDIT

  このコメントは管理者の承認待ちです


 

 

 

Trackback

このエントリーのトラックバックURL:

http://yoshiokka.blog119.fc2.com/tb.php/60-47cf519a
⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。